選ばれる理由

その時期にしか味わえない 旬のおいしい料理とともに心に残るひとときを
当店では、丹後で水揚げされた旬の魚介類を中心に、天然物にこだわり、旨い寿司、旨い魚、旨い料理を作り続けております。
宮津のとり貝、丹後の生うに、白烏賊、松葉蟹、のど黒、よねず等、京都市内や都会に行けば一流料亭や高級すし店でしかまずお目にかかれない、隠れた逸品が丹後には数多くあります。
都会では食べられない味と価格を、とり松でぜひご賞味くださいませ。

1.その時期にしか味わえない 天然物へのこだわり

丹後の季節の「旨いもん」をご紹介いたします。
本マグロの大トロ等、こちらで手に入りにくいものは産地より直接仕入れ、常に天然物の味を大切にしております。

桜鯛

sakuradai

丹後では散った桜を食べたのか綺麗に色づいた天然鯛が獲れます。
刺身は勿論、頭や骨からも天然物でしか出すことの出来ない美味しい出汁が取れます。
特製ぽん酢で頂く鯛しゃぶもご好評いただいております。

天然海うなぎ

tennenunagi  unagi  

丹後半島宮津の日本三景天橋立、松並み木の砂州で仕切られた内海である阿蘇海で獲れる天然海うなぎはどこにも出回らない本当に希少な食材。
養殖物では太刀打ちできない最高の脂の乗りと旨みがございます。
この時期だけ、ごくごく稀に手に入る丹後の大切な宝物です。
(ご予約いただいてもお出しできない場合が多いです。ご了承くださいませ。)

夏の魚介類たち

summer  tako

赤雲丹、磯蛸、よねず、あわびなど、丹後の夏の魚介は、独特の香りと旨みを蓄えます。
丹後の地蛸は明石の柔らかいタコに比べると少し硬めで噛むほどに味が出、磯の香りが広がり、とても美味しい蛸です。

ayu-0011

待ち遠しかった鮎の解禁日をすぎると、運がよけれが大旦那が釣ってくる活きた天然鮎がございます。

igai

左は「丹後イガイ」、右は輸入ムール貝です。
大きさ、美味しさも輸入物とは歴然の差。身近なところに眠っている素晴らしい食材をお届けします。

akagai

宮津はとり貝が有名になっていますが、実はこの赤貝も大変希少で香りもよく美味です。
大きさも1個350g位の大粒な特上品です。

kawaebi  ebi

近くの川で取れる夏の珍味「川海老」と、これぞ幻、大きさ・質共に絶品の「ボタン海老」。
丹後では他にも、しま海老、どろ海老、白海老、鬼海老など色々な海老がとれます。

のど黒

nodoguro  nodoguro_s

脂ののったのど黒が 丹後の秋を伝えます。
焼物・煮付け・刺身、何をしても美味しい魚ですが、シンプルな塩焼きがおすすめです。

ヒラメとオコゼ

hirame

混ざり気のない真白な色と艶は純天然物の証。
オコゼの色が様々なのも数十分前には磯に生息していた証です。

地物活け松葉蟹

kani01  top-kani

とり松でお出しするのは、1キロ前後の最高ランク、特大の地物活け松葉蟹、
ずっしりと身が詰まった「堅ガニ」のみ。
手の届きやすいお値段でお好みの調理で最高ランクの地ガニ料理フルコースを楽しめることから、1シーズンに何度もご来店くださる外国人のお客様もいらっしゃいます。
詳細は地物活け松葉ガニメニューをご覧ください。

寒鰤

kanburi

12キロ以上もある丸々と太ったブリ。
冬の寒さと共にあがる天然寒鰤もまた丹後の冬の風物詩。
鮮度が良い身は薄く引いてしゃぶしゃぶに。
大きなカマ焼きも1匹で2個しか取れない貴重な大トロの焼き物。
天然物の素晴らしさを実感していただけます。

甘鯛

amadai

ピカピカの立派な甘鯛。鮮度抜群で、お刺身はもちろん、塩焼き、唐揚げ、酒蒸しも美味。

2.素材から手作り

既成のものを扱う店が多くなった今、とり松では創業以来の手作りにこだわり、旨いすし、旨い魚、旨い料理を作り続けています。

自家製本からすみ

karasumi00  karasumi

「からすみ」はボラの卵を塩漬けし、塩抜き後に天日干しで乾燥させたものです。
何十工程にもわたる作業を経て、約20日かけて仕上がります。
味の決め手は、素材・漬け込み・手間ひま。
愛情を込めてつくった手作りの「唐墨」はとてもまろやかで、味はお墨付きです。

3年目になるお節も、とり松本店厨房にて手作りいたします。「からすみ」がどこにあるかわかりますか?

osechi_s

自家製柚香味噌粕漬

kasu_tarasawara  kasu_ebi  kasu_ika  kasu_tarasawara02  kasu_set

こくのある京都の白味噌に、地酒の粕、特製のたれを合わせ、たっぷりの柚子果汁をいれた一味違う贅沢な味噌粕漬。素材と鮮度を厳選したお勧めの逸品。通信販売でお取り寄せいただけます。
銀鱈、鰆(さわら)1切・・・500円
いか(1本)・・・500円
サーモン(1切)・・・500円
天然大海老(1匹)・・・800円

自家製味付けポン酢「柚香酢」、「土佐酢」、「すし酢」、「旨つゆ」

cyomiryo  dashi  yukouzu

  • 土佐酢‥‥酢の物・焼魚に鰹風味の味付け酢
  • 旨つゆ‥‥麺類・煮物に抜群の本格だし。良質の昆布・ブレンド鰹・椎茸・乾し貝柱等々、拘りぬいた天然素材にしか出せない味がございます。
  • すし酢‥‥混ぜるだけ。手巻寿司も更に簡単に美味しいすし飯ができあがります。
  • 柚香酢(ゆこうず)‥‥天然果汁をふんだんに使用した「味付けポン酢」です。味と香を際立たせるため、柚子だけでなく、すだち、ダイダイ、カボスなどもバランス良く合わせています。
    果汁とダシの風味を保つため、開封前から冷蔵保存をお勧めしております。
    薄造りやちり鍋にもぴったりです。

3.良心的な料金

old  old02    親子丼

かつてのとり松には「なべ焼きうどん」の看板がございました。
店名の「とり」は「地鶏、鶏肉」から来ています。

昔は当たり前に食べていたものが高価になった現在、素材の良さにこだわるとどうしてもお値段が高くなりがちですが、とり松は地元の方にも気軽にご利用いただける素朴さ、都会の方が訪れた時にほっとしていただける安らぎを大切に、誠心誠意良心的なメニューをご用意しています。

一例といたしまして、
丹波地鶏親子丼
は、赤出し、香物付きで850円、

懐かしい味を変えることなく美味しさを求めて試行錯誤の末にたどり着いた、焼き穴子、ハマグリ、エビ天ぷら、地鶏、甘辛く炊いた干しシイタケ、カマボコ、卵などをあしらった鍋焼きうどんは1,000円(税別)です。

とり松にて、土地の味をご賞味くださいませ。

©  とり松 All Rights Reserved.
PAGE TOP
京都うどん松太郎